病気の予防・改善
 


愛玩動物として人間といっしょに生活するようになったことで、人間と同じ生活習慣病に罹るワンちゃんが増加しています。生活環境の変化(室内犬の増加)、食生活の変化(自然食から加工食品)、そして高齢犬の増加がその背景にあります。
10歳以上の犬の死亡率で最も高いのはガンで(全体のおよそ半分)、2位は心臓病、3位は腎臓病だと言われています。
 
 
img_dog_merit_002

糖尿病を発症するワンちゃんも増えています。また、様々な病気の原因となる肥満の増加も、室内犬が増えるなどの愛玩犬の生活環境がその要因と考えられます。
病気や肥満は普段の生活の中での予防や改善が大切です。食習慣を見直しは特に重要です。シニア犬特有の病気である歯周病も食生活が原因のひとつだと考えらるため、自然食中心の食生活にすることで歯周病に罹りにくくなります。
野菜や果物を日常的に摂取することが、愛犬の病気の予防や改善につながるのです。

ガン予防のポイント
緑黄色野菜を積極的に与えることです。抗酸化作用があるビタミンA、C、Eや亜鉛、ポリフェノール、グルタチオンなどは、ニンジンや小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれ、活性酸素の働きを妨げます。

腎臓や肝臓の機能の強化
毒素をスムーズに体外に排出し、病気になりにくい体質を作るには肝臓や腎臓が正常に働いていることが大切。老廃物の排出を助ける食物繊維やカリウムが豊富な野菜を積極的に与えましょう。
 


免疫力の向上・体力強化
 

ビタミンやミネラル、カルシウムなどの栄養分を十分に吸収することで、ワンちゃんは病気に負けない強い身体になり、免疫力が向上します。しかしながら消化吸収の過程で負担となるような食事はワンちゃんの免疫力を逆に低下させてしまいます。体に負担をかけない食事を考え、免疫力を高める食材を取り入れる必要があります。
 
 
img_dog_merit_001

大豆などに多く含まれるビタミンB1や緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンはワンちゃんの免疫細胞を
活発にします。
栄養分を十分に吸収して、免疫力を高めるには生の野菜や果物を日常的に摂取することが望まれますが、
ワンちゃんにとって野菜や果物をそのまま食べることは困難です。食べやすく、消化吸収しやすくして与えることが大切です。
ドッグスムージーは野菜、果物を栄養分を壊さないようにミキサーでゆっくりとスムージー状にしているため、消化吸収に適しています。
免疫細胞の約6割は腸内に存在しているため、腸内環境を整える事で、免疫細胞が活性化されて強くなります。
野菜や果物に多く含まれる食物繊維は腸内の有害物質をスムーズに排出させる働きがあります。
ドッグスムージーは食物繊維を多く含む材料で作られています。日常的に飲用することで、腸内が常に最適な状態に保たれ、免疫細胞が十分に働くことができる環境にすることができます。
 


肥満の予防・改善
 


日本では、飼犬全体の3割から4割が肥満状態にあると言われています。肥満は心臓や呼吸器官、骨や関節に負担をかけ様々な病気の原因になるだけではなく、動作が鈍くなるので、事故に合うリスクも高くなります。特にシニア犬の肥満は心臓病などの病気に直結してしまうので、飼い主は「肥満=病気」という認識を持って愛犬のケアをしなければなりません。
 
 
img_dog_merit_003

肥満は栄養の偏りが最大の原因です。食事で肉類や炭水化物の量を減らし、野菜や果物の摂取を増やす必要が
あります。
シニア犬用のドッグスムージーには、代謝を促進するたんぱく質分解酵素が豊富に含まれるパイナップルや太りにくい身体を作ると言われているリコピンが含まれるパプリカなど多くの野菜や果物を材料として使用しています。肉類や炭水化物の食事の代わりに与えたり、食物酵素の働きで、食べたものの消化吸収や代謝が促進させるために、食事の前にドッグスムージーを与えるのが効果的です。
また食物繊維も肥満の防止に一役買っています。ワンちゃんはセルロースを持っていないため、食物繊維を摂っても消化して養分にすることはできませんが、「腸を掃除する」「低カロリーで満腹感があるからダイエットに利用できる」などのメッリトがあるからです。
ドッグスムージーは愛犬の肥満予防とダイエットの強い味方です。
 


毛並みの改善
 


脂っこいものばかりの食事や食べ過ぎは、肥満だけではなく皮膚病のリスクも高めます。偏った食事によるかゆみや湿疹などの皮膚のトラブルは、血行不良や老廃物や毒素の蓄積によって起こります。また最近では、食物アレルギーによって皮膚病になるワンちゃんも増えています。アレルギーの原因になりやすい食べ物には、牛肉、牛乳、小麦、卵、鶏肉、トウモロコシ、豚肉などがあります。
 
 
img_dog_merit_004
 
また、ビタミンA、B群、Eが不足すると、皮膚の免疫力が落ちたり、皮膚の角質異常などから脱毛することも
あります。
皮膚病や傷んだ毛並みを改善するには、栄養バランスの良い食事を摂ること、アレルギーの原因となる食べ物を与えすぎないことです。
代謝を促し、健康な皮膚を作る栄養素を取り込むこと、腸内環境を整えること、食物酵素や食物繊維が豊富に
含まれる野菜や果物を普段の食事と併せて与えることがトラブル解決のポイントです。
ドッグスムージーを飲用することで、偏った食事が改善されます。そして、健康な皮膚ときれいな毛並みは、
ドッグスムージーに豊富に含まれるビタミン類や食物繊維などの健康成分の効能効果です。

ドッグスムージーを試してみる